50オヤジの転職計画

50のオヤジが2年がかりで転職を目指します。息抜きのブログです。

ヤマハのセローにまたがったら

〇この春、息子がバイクの免許を取る予定だ。おれはバイクを3台もっているが、1台は息子の手に渡る。息抜きにバイク屋に行った。


〇バイクの買替の時はショップには妻と一緒に行くことにしている。俺の生活にいかにバイクが必要か伝えるためだ。妻も諦め顔でついてきてくれる。


〇ついでに言っておくとチャンスがあれば転職する、ということも会社には伝えてある。長年勤務した会社に対し影でコソコソ転職先探しをするのは卑怯だと思うからだ。会社は迷惑顔だが、理解はもらっている。


〇欲しいバイクがあった。去年製造中止になったヤマハのセローだ。どこでも走ると言われる名車だ。店に入り店員さんと仲良くなってから、セローの現物を拝む機会を得た。


〇なんてフレンドリーで可愛いバイクなんだ!とファーストインパクトは最高だった。


〇またがらせてくれるという。同じようなバイクでホンダ製のCRFというオフ車もあるらしいが「たぶん足つきませんよ。」・・・赤信号機の都度つま先ツンツンは50男には酷だ。同じ単気筒らしいが「CRFは水冷エンジンです。セローよりパワーがあります。セローは空冷エンジンです。パワーは劣りますが頑丈でメンテナンスも楽です。」とのこと。俺の所有するバイクは全て空冷単気筒。20馬力あれば十分だ。高速に乗らなきゃいいだけだ。


〇引っ張ってきてくれた白とグリーンのセローに座ってみる。「こんにちは」とバイクがあっさり迎え入れてくれた。シート高、着座姿勢。しっくりなじむ。足もつく。


〇手を下ろす。自然に手が下りたところにグリップが来た。下を見ずに理想的ステップ位置に足をずらす。まさに「ここ」という位置にステップがある。


〇小さく機能的な計器類。前を見ればチラチラとフロントフェンダーが美しいストライプを描く。軽く沈み込む柔らかなサスも、腕にかかるほんのりとした荷重もそのすべてがしっくりきすぎた。スタンドを上げて腰で車体を取りまわしてみる。軽い、軽すぎるぞセロー!


〇これほど息の合うバイクとこれまで会ったことがない。またがると優しく迎えてくれる。そしてシンクロしてくる。ヤマハが俺のために作った専用機、そんな感覚になる。バイクの好みや感じ方は人それぞれ。俺はこいつがすごく合う。


〇店員さん曰く「タマ数減ってますから買うなら早めに連絡ください。新車で買う?回してもらえるかな・・・」既に心の中で買いは決定した。


〇さて、お値段だが・・・60万円!250CCだよ!高すぎんじゃないの!「今時のバイクはこのくらいはしますよ。」・・・そうなんだ。


〇金はどうしよう。またローンか。この間返し終わったばかりなんだけどな、と思いながら金繰りを考えた。なんか「バイク購入補助金」みたいなもの、ないかな、それこそFPの知識でって考えたが道楽道具の購入にそんな制度があるわけがない。


〇「あれが免許取ってこれ気に入ったから持って行くって言われたら困るな。」と妻に言うと「心配いりません。あの子はあなたほどバイクにのめり込みません。バイク馬鹿になりません。」と冷静な顔で返された。ちょっと安心した。

FP1級の勉強をはじめてみた

〇ファイナンシャルプランニング技能士1級。通称FP。簡単に言えば金まわりの相談屋だ。


〇FPは2級までは勉強すれば誰でも取れるが、1級は5年以上の金融業か士業の実務経験がないと受験できない。2級を持っていても1年以上の実務経験がいる。合格率は10%前後。


〇資格難易度はネットによると偏差値58。合格に必要な勉強時間は平均600時間。難しい資格なんだろうと思う。ちなみに選択から外した中小企業診断士は偏差値67とあった。1,000~1,200時間勉強が必要とある。無理だ。勉強嫌いには拷問だ。


〇それにしても資格の難易度に偏差値をつけるという発想が面白い。ついつい見てしまったが、世の中には星の数ほど資格があるようだ。


〇話を戻す。俺は2級をもっている。が、15年も前のことで中身などすっかり忘れている。復習しないとどうにもならないだろうと、とりあえずテキスト買って2級のおさらいをする。


〇20分やる。全然分からない。そのうち睡魔が襲う。40分寝て再開。気合でテキストにかぶりつく。35分後再び睡魔が襲う。寝る。勉強時間は1時間。あと599時間+睡眠2,000時間という途方もない時間をこの資格にあてるのか?


〇時間がもったいない気もするが転職への試練と受け入れることにした。

転職スケジュール

〇2年がかりの転職といっても無計画にやっては出来ない。かといって緻密な計画は大の苦手。ざっくり計画してみた。


第1ステップ:まず半年は資格試験を取る。ちょっとむずいやつを1つとる。年齢というハンディを補う。


第2ステップ:次の半年は転職セミナーとかに出て仲間を作る。情報交換が大事だ。同時に転職サイトに登録する。


第3ステップ:次の半年は面接をあちこちで行う。今の給料以上が望みだが、同等でも構わないし少し減っても仕方なかろう。50オヤジだ。採用されるだけで幸せだ。とにかく不平等な人事をしない会社がいい。ゴマすりばかりが上にいく会社はこちらから願い下げだ。


第4ステップ:最後の半年で新たな住まいや今の会社へのあいさつ、その他諸手続を行う。案外煩雑かもしれない。


〇と、考えてみた。で、今やるべきことは資格の取得だ。今年の8月末まで「やるじゃん!」って資格を1つ取る必要がある。


〇今の仕事の延長で取りやすいもの。今後使えそうな資格。そう考えると案外難しい。


〇例えば税理士や司法書士の資格はとても試験が難しい反面、今後コンピュータやAIで簡単申告システムが出来てくるとすれば将来は厳しい。10年で絶滅業種となる。行政書士なんかも同じだ。


〇一方で介護士とか医療関係なんかは変わらずニーズがありそう、と思っても実務経験がないし、全く知らない業種なんで転職そのものが無理だろう、と思う。


〇専門的知識というよりも総合的知識、今後コンピュータが代替しにくい資格というのはありそうでない。考え抜いた末、俺は2つを選択した。


〇1つは中小企業診断士。経営コンサルの資格だ。これは少し前まで俺のしてきた業務とかぶる部分が多いのでとっつきやすい。もう1つはFP1級。手持ちの資格の延長上の試験だ。どちらにしようか迷ったが、勉強量やスケジュール的に消去法でFP1級を受験することにした。どちらもなかなか難しい資格のようだ。


〇とりあえず挑戦したいと思う。